働きやすい医師募集の条件スタイル!医師転職応援して医者不足を解消しよう。

医師求人を扱っている求人・転職サイトを使って職場探しをすると希望に合った医師求人を見つけやすくなります。

美容整形で行う脂肪吸引とは

美容整形の中でも顔を変えることに比べると受けることに抵抗がないであろう脂肪吸引は名称の通り、脂肪を吸引する手術です。女性が気にする部位の常に上位に位置するお腹の脂肪を吸引し理想のくびれをゲットすることも可能です。

ダイエットと比べると、脂肪細胞自体を吸引する為リバウンドの心配がなく手っ取り早くお腹のぜい肉を減らすことができるのがメリットです。流れとしては脂肪を吸引したい箇所に管を挿入して皮下脂肪を吸引していくという方法です。少し前までは吸引後の皮膚がぼこぼこになってしまうこともありましたが、現在では技術の進歩もありとてもきれいに仕上がるようになりました。

vaserは脂肪吸引の革命家

美容整形で脂肪吸引をするのならば、最新の技術のvaserがおすすめです。その特徴としては、吸引したい部分の脂肪にベイザー波を照射し、溶解させてから吸引します。

幹細胞を傷つけることなく吸引できるので、不純物の少ない脂肪を採取できます。この幹細胞は、豊胸手術の脂肪注入法で使用すると、体内への定着率が高くなります。気になる部分の痩身ができるほかにも、豊満な体になれるので一石二鳥の効果があります。

多少の高額な費用となりますが、その分効果はテキメンですので、是非検討してみてください。vaserは脂肪吸引界の革命家的な存在でしょう。

脂肪吸引をはじめとする美容整形に伴うダウンタイムの軽減

とても安価に、そしてとても楽に美容整形ができる時代になっている現在、手術方法や手術できる部位が増えています。しかし、どんな手術においても、切っても切れない縁にあるのが、ダウンタイムです。

脂肪吸引では、内出血や腫れが伴い、時には圧迫も必要になってきます。身体に負担をかければ回復する時間も必要になる事は言うまでもないでしょう。そんなダウンタイムをより短くするにはどうしたら良いのかをお伝えします。医師の指示に従う事はもちろんですが、刺激を与えないことが一番で、施術前にしっかりと家の片づけをして余裕のあるスペースを確保しておくと良いと思います。

脂肪吸引手術に用いられるvaser波について

痩せたいという方が理想の身体を求めて行う脂肪吸引の美容整形において、使用されるのがvaser脂肪吸引法です。そもそもどんな方法や原理で行っているか知りませんよね。

vaser波は、特殊な超音波で脂肪の組織を乳化させます。つまり、油と水のように決して混ざらないものを、超音波の振動のエネルギーを利用して混ぜ合わせ、削ぎやすくした状態にします。そうすることで、刃を使って削ぎ落とすことをしなくて良いので、出血量を抑えつつ吸引ができます。繊維組織を傷つけることが無いので、繊維組織がしっかりと収縮し、施術後のたるみも解消されます。

関連記事