働きやすい医師募集の条件スタイル!医師転職応援して医者不足を解消しよう。

医師求人を扱っている求人・転職サイトを使って職場探しをすると希望に合った医師求人を見つけやすくなります。

脂肪吸引

セルライトに悩む女性はとてもたくさんいます。
これはただの脂肪ではないので、ダイエットしても取れないものなのです。

よく見かけるのが二の腕や太ももを引っ張ると現れるボコボコした物体ですが、これは脂肪が肥大化して老廃物となっていますので、吸収されずにいつまでも残っているのです。

これを自分で除去するのはかなり難しいので、美容外科などで除去施術を受ける人が多いです。

具体的にどのような方法があるかということですが、まず一番手軽なものはリンパマッサージですね。マッサージだけなら自分でもできるのですが、美容外科では高周波を当てながらマッサージしますので、より効果的に老廃物を砕いて押し流すことができます。軽度の人ならこれで十分対応できるでしょう。

また、脂肪融解の注射というものがあります。主に部分痩せに使われる手法ですが、脂肪を溶かす注射をしてその部分のセルライトを除去できます。

問題は広範囲にわたるセルライトの除去ですが、これはやはり脂肪吸引ということになりますね。器具を使って直接そこについている脂肪を取ってしまいます。

この中では一番大掛かりな施術となり、費用も高額になります。自分の体の状態と相談して、一番有効な方法で脂肪を除去しましょう。

脂肪吸引と言えばvaserで

脂肪吸引は確実に痩せられる方法として、美容整形でおすすめしています。主にカニューレという細い管を使って、痩せたい部分の脂肪を直接吸引して、ボディラインを整えていきます。

従来の脂肪吸引の方法では、皮膚のたるみやダウンタイムが長かったりと、デメリットが必ず存在します。ですが、vaserでは皮下脂肪の9割を吸引できて、引き締め効果も発揮します。

それに、体型に関わらず難しい部位も施すことが可能となりました。しかも、内出血が多くリスクが高かったものから、少ない内出血でリスクを回避してくれるように、技術の進歩を感じます。

脂肪吸引の美容整形を受ける前に絶対にしておくべきこと

脂肪吸引や他の美容整形を行う前に、必ずクリニックや施術方法、メリットデメリットを調べておくと思いますが、その他にもやるべき事は結構あるのです。施術後に困ることのないように、しっかり準備しておくことをおすすめします。まずは、食事です。

痛みを伴い買い物や料理をすることも出来ない状況に備えて、ゼリーや健康食、カップ麺などを備えておくと良いと思います。施術によっては出血を伴うので、綺麗なタオルやガーゼ、ウェットティッシュなども用意しておきましょう。まt、お風呂やトイレにも行けない事もありますので、それぞれ必要なものを購入し、術後に負担となることを極力無くしておきましょう。

vaser脂肪吸引の特徴まとめ

脂肪吸引の一つのvaserは、超音波のvaser波を使用する事で、血管や神経に負担をかけず、脂肪細胞だけに作用し、脂肪を溶かし吸引する美容整形の方法です。

脂肪吸引後には、肌が引き締まる効果もあり、たるんだ体にならず、綺麗なラインが出ます。またこの方法なら、出血量やダウンタイムを抑えることができので、従来の施術よりも安全であると同時に、施術時間も短縮されるので、負担が軽減されます。

今まで施術を受けられなかった再手術になってしまう人や、やせ型の人でも皮下脂肪の除去ができるようになったため、それぞれが持つ理想の体型に変えることができます。

関連記事